So-net無料ブログ作成
検索選択
地域紹介(三重県・なばなの里) ブログトップ
前の10件 | -

ダイアナ妃や愛子様のバラ、そして、バラのソフトクリーム [地域紹介(三重県・なばなの里)]

三重県桑名市の「なばなの里」のバラ園に、バラの花が咲き誇っています。
s-DSCN2392.jpg
バラの中にポツン、ポツンと人影です。
s-DSCN2385.jpg
 家族連れも多く見かけます。
s-DSCN2408.jpg
暑い炎天下、水の流れにホッとします。
s-DSCN2390.jpg
 
そのバラ園に色々な種類のバラが咲いていました。バラの名にはプリンセスが似合います。
 
その美しさから、いかにも「ダイアナ」妃です。納得です。
ss-DSCN2421.jpg
s-DSCN2424-2.JPG
可憐な「プリンセス・アイコ」様です。
s-s-DSCN2426.jpg
s-DSCN2429-2.JPG
 
美しかったと聞きます。モナコの「グレース大公妃」に捧げられたバラです。
 DSCN2416.JPG
s-DSCN2418-2.JPG
 
暑い炎天下です。休憩です。
s-DSCN2382.jpg
バラのソフトクリームを見付けました。
s-DSCN2434.jpg
ピンクのバラに包まれて黄バラのソフトクリームを食してみました。バラの味、始めてです。
s-DSCN2435.jpg
 
紫陽花には、庶民的な女性の名前が似合いました。菖蒲には、地方の名前が似合いました。
でも、なぜか、バラはプリンセスに捧げられ、その名前が似合っています。

nice!(432)  コメント(15) 

三重県桑名市の「なばなの里」の菖蒲園と川辺の草花 [地域紹介(三重県・なばなの里)]

三重県桑名市「なばなの里」に50種8,000株の菖蒲園に多くの人が訪れています。
s-DSCN2658.jpg
しょうぶ園には、赤や白や紫の色々な種類の菖蒲が咲き乱れています。
s-DSCN2635.jpg
一面が菖蒲園です。
s-DSCN2639.jpg
木で造られた道を歩くと、色々な菖蒲と出合います。
s-DSCN2596.jpg
菖蒲が種類ごとに植わっています。「桃山の宴」などの種類もあります。
s-DSCN2625.jpg
鬼面竜の白い花です。
s-DSCN2605.jpg
紫の色が綺麗な「千早城」です。
s-DSCN2607.jpg
「七福神」です。
s-DSCN2599.jpg
「千羽鶴」です。
s-DSCN2603.jpg
米国産の菖蒲もあります。
s-DSCN2643.jpgs-DSCN2641.jpg
 
 
「なばなの里」の紫陽花苑や菖蒲園の中に、川が流れ、色々な草が植えられています。
s-DSCN2610.JPG
DSCN2610-2.JPG
 その菖蒲園の中を流れる川です
s-DSCN2576.jpg
ワラビを見付けました。 
s-DSCN2580.jpg
まさに、川辺の草々です。
s-DSCN2613.jpg
 川辺で白い花を付けます。
s-DSCN2627.jpg
川辺に「セキショウ」が似合います。
s-DSCN2615.jpg
 
「なばなの里」、紫陽花や菖蒲だけではなく、川辺の草まで、観光にしていました。

nice!(357)  コメント(11) 

三重県桑名市「なばなの里」、50種70,000株の紫陽花園の度迫力 [地域紹介(三重県・なばなの里)]

三重県桑名市にある「なばなの里」において、アジサイが最後の盛りです。
 s-DSCN2658.jpg
 一面、アジサイです。50種70,000株とのことです。
s-DSCN2574.jpg
 今日は、雨傘ではなく、日傘です。
s-DSCN2646.jpg
ピンクの紫陽花が綺麗です。
s-DSCN2570.jpg
 白い「アナベル」の紫陽花です。
s-DSCN2649.jpg
 
また、その隣では、紫陽花の種類が紹介されていました。
 s-DSCN2443.jpg
 
群馬県に住む坂本さんが、長年、品種改良を重ね、夫人の名前をとった「ミセス クミコ」です。
花びらにフリルのあるのが特徴です。
s-DSCN2454.jpgs-DSCN2477.jpg
 
「ジャパーニュ ミカコ」。これも、群馬県の坂本氏が開発したもので、2003年の登録されました。
元々の名前は「ジャパーニュ ミカ」だったようです。こちらは、子供さんの名前ですかね?
s-DSCN2519.jpgs-DSCN2517.jpg
 
ドイツ語で「フラウ ヨシコ」、英語で言えば「ミセス ヨシコ」ですね。
品種登録は、栃木県の海老原氏が、1993年に行ったとのことです。別名、「きらきら星」。
s-DSCN2499.jpgs-DSCN2496.jpg
 
名前の由来は、分かりません。女性の名前ですかね?舞妓さんですかね?
s-DSCN2523.jpgs-DSCN2522.jpg
 
名前の通り、花びらが「コンペイトウ」のようです。
s-DSCN2456.jpgs-DSCN2455.jpg
 
「オタフク」と言われれば、何となく納得です。
s-DSCN2559.jpgs-DSCN2558.jpg
 
確かに、「スミダのハナビ(墨田川の花火)」と言われれば、その風情を感じます。
s-DSCN2543.jpgs-DSCN2541.jpg
 
ほりけん、2人の娘の名前をつけるのに、その一生を考え、時間をかけた記憶があります。
 
10年以上に亘って交配を重ね、品種改良した紫陽花の名前も同じなんでしょうね。
品種改良をした人は、いずれ亡くなりますが、
改良された魅力的な紫陽花の花は長く、名前と共に、後世に残るのですから。

nice!(311)  コメント(14) 

桑名市の「なばなの里」で見つけた「母の日」。七回忌の母親に買ってみます。 [地域紹介(三重県・なばなの里)]

三重県桑名市「まばなの里」にある花屋さんです。母の日のプレゼントが一杯です。
s-CIMG2636-2.jpg
 色々な花があります。カラフルです。もらう側も思わず微笑んでしまいそうです。
s-CIMG2635-2.jpg
 母の日のプレゼント。色々な種類の花があります。悩んでしまいます。
s-CIMG2634-2.jpg
 
オーソドックスな赤のカーネーションに加え、ピンクや黄色のカーネーションです。
s-CIMG2608.jpg
熊さんも一緒に、如何でしょうか?
s-CIMG2638-2.jpg
 
白いミニバラです。 「お母さん ありがとう」
s-CIMG2637-2.jpg
ピンク色の花をつけたミニバラです。 「Mother's day」
s-CIMG2614-2.jpg
 
ベラルゴニウムとカーネーションの組み合わせです。
s-CIMG2618-2.jpg
 
リーガスベコネアのプレゼントです。 「お母さん ありがとう」とあります。
s-CIMG2610-2.jpg
犬好きのお母さんへの花に付けて下さい。
s-CIMG2622-2.jpg
 
アジサイです。 「いつも ありがとう」と書かれています。
s-CIMG2619-2.jpg
 
ラベンターです。「おかあさん ありがとう」と差込まれています。
s-CIMG2616-2.jpg
 
小さく色々な色のケイトウが鉢植えられています。 鉢がとても素敵です。
s-CIMG2633-2.jpg
 
少し値がはりますが、その分、気持ちが伝わると思います。蘭の花です。
s-CIMG2611.jpg
s-CIMG2639-2.jpg
 
ほりけんのお袋は6年前の5月8日に他界しました。くしくも、今年の5月8日が七回忌の法事です。
ほりけん、お袋の生前、母の日に、自分で、贈り物を買った記憶がありません。
七回忌の今年。勿論、母はいませんが、生まれて始めて、花の贈り物を買ってみようと思っています。

nice!(325)  コメント(14) 

チューリップが一杯の5月連休の「なばなの里」 [地域紹介(三重県・なばなの里)]

四日市のほりけんの自宅から名古屋の職場への途中に「なばなの里」があります。
ほりけん、食事のために「なばなの里」に、1人で立ち寄ることがあります。
 
5月連休でもあり、「なばなの里」 は家族連れで一杯です。ゲートを入るなり記念撮影です。
s-CIMG2502-2.JPG
 少し歩くと、ビオラの花とチュリップが敷き詰められています。
s-CIMG2504-2.JPG
 
さらに歩くと、足湯があります。花吹雪が舞う足湯です。
s-CIMG2527-2.JPG
更に歩くと一面が花に囲まれた池があります。
s-CIMG2544-2.JPG
 池には橋が架かっていますが、花が一杯です。まさに、花園です。
s-CIMG2554-2.JPG
 
 更に、歩くとチューリップの丘が広がっています。
s-CIMG2552-2.JPG
 紫色のビオラの花と、赤いチュ-リップの花のコントラストが見事です。
s-CIMG2551-2.JPG
こちらは、薄紫色のビオラのキャンバスに描いた赤いチューリップです。
s-CIMG2549-2.JPG
 
そのチューリップに満足していると、とんでもない景色が目に飛び込んできました。
 
そこには、何百メートル四方にも亘るチューリップ園が広がっているじゃありませんか。
s-CIMG2561-2.JPG
見渡す限りのチューリップ園です。 何たる景色でしょうか?
s-CIMG2589-2.JPG
真っ赤なチューリップです。
 s-CIMG2582-2.JPG
展望台から記念撮影です。
 s-CIMG2578-2.JPG
強大な花の像さんです。
s-CIMG2571-2.JPG
巨大なパンダです。
s-CIMG2572-2.JPG
これはキリンさんでしょうか?
s-CIMG2573-2.JPG
 
 そこは、オレンジ色、黄色、ピンク色、赤色、そして白色のチューリップで溢れています。
s-CIMG2590-2.JPGs-CIMG2592-2.JPG
s-CIMG2594-2.JPGs-CIMG2603-2.JPG
s-CIMG2596-2.JPGs-CIMG2605-2.JPG
 
ほりけんにとっては昼食の場ですが、東海地方の家族連れには5月連休の近場の観光地です。

nice!(324)  コメント(24) 

三重県桑名市にある「なばなの里」の巨大なペチュニアやフクシア [地域紹介(三重県・なばなの里)]

 三重県桑名市にある「なばなの里」の巨大なペチュニアやフクシアが見ごろです。
 
ナス科のペチュニアです。
s-CIMG1552.jpg
 赤や青や白い花のペチュニアが一杯です。
s-CIMG1536-2.jpg
 ペチュニア、こんなに大きくなるのですね。
s-CIMG1534-2.jpg
 
 
一方、こちらはアカバナ科のフクシアです。 開花を待ちます。
s-CIMG1533.jpg
ガクが反り返ります。
s-CIMG1549.jpg
 紅紫色の花と緑のコントラストが美しいです。
 s-CIMG1524.jpg
 「写真、フクシアを撮らないのですか?」
s-CIMG1545.jpg
そのフクシアがたわわです。
s-CIMG1523.jpg
天井が見えないほどのフクシアです。
s-CIMG1531-4.jpg
 
 
キツネ/マゴ科のパキスタキスです。
 s-CIMG1556.jpg
パキスタキスの黄色い花です。
s-CIMG1555.jpg
見事です。
s-CIMG1554-2.jpg
 
その向こうは熱帯地方です。
s-CIMG1557.jpg
 
三重県桑名市の「なばなの里」、まだ、梅の満開には2週間ですが、
その隙間を縫って1年365日、色々な花を楽しめます。
 

nice!(418)  コメント(28) 

三重県桑名市の「なばなの里」にある花屋さん [地域紹介(三重県・なばなの里)]

 三重県桑名市の「なばなの里」は今、ベゴニアの温室が最高です。
これから、梅のシーズンを迎えます。その「なばなの里」に、巨大な花屋さんがあります。
 
奥の方は、遠くに霞んで見えます。広大な花屋さんです。
s-CIMG1677.jpg
広大な花屋さんです。
s-CIMG1621.jpg
左の置物が玄関でWelcomeです。右の天使の置物も幸せを運んで来てくれそうです。
s-s-CIMG1637.jpgs-s-CIMG1642.jpg
こんな置物がガーデンにあるだけで楽しくなってしまいます。
s-s-CIMG1644.jpgs-s-CIMG1641.jpg
左の置物 、何か分かりません。右は巨大なキリンです。
s-s-CIMG1632.jpgs-CIMG1638.jpg
カボチャですよね。結構、大きんですよね。
 s-CIMG1633.jpg
2段目に、ビデンスとスカビオサです。
s-CIMG1658.jpg
 
サイネリアもあります。
s-CIMG1660.jpg
 s-CIMG1656.jpg
s-CIMG1654.jpg
 
ベゴニアです。赤やピンクや黄色の原色です。
s-CIMG1646.jpg
色々なお花が可愛い植木鉢に入って売られています。
s-CIMG1628.jpg
 プリムラジュリアンです。
s-CIMG1651.jpg
カラフルなルピナスです。
 s-CIMG1655.jpg
 
s-CIMG1661.jpg
 
s-CIMG1675.jpg
ボケも白赤が出揃いました。
s-CIMG1647.jpg
ユリも見事な花をつけています。
s-CIMG1669.jpg
室内には、今、花が満開のランが置かれていました。
s-CIMG1679.jpg
 
三重県桑名市「なばなの里」の花屋さん、そこは、既に春でした。

 


nice!(369)  コメント(20) 

三重県桑名市「なばなの里」のベゴニアガーデン [地域紹介(三重県・なばなの里)]

三重県桑名市「なばなの里」。ベゴニアガーデンです。
s-CIMG1544-2.JPG
温室の中が、ベゴニアのガ-デンです。見渡す限りのベゴニアです。
s-CIMG1507-2.JPG
天井からも、色々な花が垂れ下がります。
 s-CIMG1509-2.JPG
白いベニゴアです。
 s-CIMG1568-2.JPG
赤いベニゴアです。
 s-CIMG1572-2.JPG
鍵の手に沿ってベゴニアの花が一杯です。
s-CIMG1569-2.JPG
ピンクのベゴニアと黄色いベゴニアです。
s-CIMG1512.jpgs-CIMG1513.jpg
花の下に座っているだけで、時間を忘れてしまいます。
s-CIMG1575-2.JPG
周りが赤く彩られたピンクのベゴニアと真っ赤な色のベゴニアです。
s-CIMG1514.jpgs-CIMG1515.jpg
天井から吊り下げられた花と鉢植えされたベゴニアの色の調和が見事です。
 s-CIMG1577-2.JPG
椅子に座って眠ってしまいそうです。
s-CIMG1571-2.JPG
向こうの方に池が見えてきました。
 s-CIMG1576-2.JPG
ベゴニアが、水の上を遊泳です。
s-CIMG1581-2.JPG
出口が近付いて来ました。すると「見返りの花 今一度振り返ってご覧下さいませ」の看板。
s-CIMG1586.jpg
と言うことで、振り返って見てみました。温室一杯のベゴニアです。 
s-CIMG1585-2.JPG
「なばなの里」の所在地:三重県桑名市長島町駒江漆畑270


nice!(427)  コメント(34) 

三重県桑名市 「なばなの里」の光の雲海・水上イルミネーション・アイランド富士の昼と夜 [地域紹介(三重県・なばなの里)]

 三重県桑名市にある「なばなの里」は、一日中楽しむことが出来ます。ランチにつまみ食い、お土産巡り、日中は里内の植物の鑑賞、池の鯉、夜はライトアップで見どころがたくさんあります。
 なばなの里内の昼と夜の様子の写真を撮りました。
光の雲海
レストラン「長島ビール園」の前の風景です。 昼はパンジーの花を見ることが出来ました。
夜になるとあらゆるところがLEDを使っています。幻想的です。
IMG_0302.jpgIMG_8175.jpg
水上イルミネーション
池の向こう側に見えるのがレストラン「マルセイユ」です。
昼の池は鯉が泳いでいます。夜になると世界最大規模の光の川になります。
めまぐるしいLEDの色の変化を楽しむことができます。
IMG_0350.jpgIMG_8210.jpg

アイランド富士
 なばなの里の名所です。
昼間は風が強かったので「アイランド富士」は動いていませんでした。
なばなの里内でなく、濃尾平野も一望できます。夜だと遠くの夜景も綺麗に見えそうです。
IMG_0372.jpgIMG_8317.jpg
光の回廊
昼は通行止めになっていますがトンネルの入り口から見ることができます。
向こう側に桃色のカワヅザクラが透けて見えてました。
夜になるとご覧の通りです。全長200mで、120万球白熱電球を使っています。
白熱電球ならではの温かみのある光です。
IMG_0354.jpgIMG_0397.jpg
 
光の回廊付近にあるライトです。光の回廊の電球の一つを拡大に撮影してみました。
IMG_0400.jpgIMG_0421.jpg
光の回廊の壁側です。夜は人ごみで昼間と同じ場所で撮影することが出来ませんでした。
IMG_0356.jpgIMG_441.jpg

なばなの里の所在地:三重県桑名市長島町駒江漆畑270

三重県桑名市「なばなの里」 巨大鉄板でつくる「ジャンボ焼きソバ」 [地域紹介(三重県・なばなの里)]

「なばなの里」の玄関を入ると「ジャンボ焼きソバ」も食べれるレストランがあります。
DSC_8142.JPG
レストランの入口にメニューの陳列棚があります。 DSC_8162.jpg
多くの人達がライトアップされた建物の下で食事をしていました。
テーブルごとに傘の温風ヒーターから暖かい空気がやってきます。
DSC_8158.jpg
その一角にテントがあり、人が沢山集まっていました。気になってテントの中を覗いてみました。
DSC_8154.jpg
7名もの人が、スコップで焼きソバを焼いていました。
鉄板の長さは10mを超えています。これぞ「ジャンボ焼きそば」です。
DSC_8143.jpg
ソース垂れが入れられ、いい匂いがしてきました。
DSC_8150.jpg
焼きソバをはじめとして、皆さん、色々な食事を楽しんでいました。
DSC_8160.jpg
「なばなの里」では、イルミネーションを見ることも楽しいのですが、
グルメを楽しむこともできます。それも野外で、結構暖かく。

前の10件 | - 地域紹介(三重県・なばなの里) ブログトップ