So-net無料ブログ作成
ギリシア紀行(サントリーニ島) ブログトップ

エーゲ海サントリーニ島のレストラン・喫茶店・土産物店 [ギリシア紀行(サントリーニ島)]

サントリーニ島の中心はThira(Fira)です。 そこの道路沿いには多くのレストランがあります。
s-DSCN4666.jpg
Thira(Fira)は、 サントリーニ島のほぼ中央に位置します。
地図.JPG
 ピッツァの店もあります。
s-DSCN4667.jpg
朝食メニューやサンドイッチなどが食べれます。
s-DSCN4668.jpg
少し張り込んだレストランもあります。
s-DSCN4663.jpg
テイク・アウトの店もあります。
s-DSCN4853.jpg
 
 
喫茶店は、エーゲ海を見晴らす場所に多くあります。
s-DSCN4821.jpg
 最高のロケーションに喫茶店はあります。
s-DSCN4832.jpg
 
 
土産物店は、 Thira(Fira)の街の路地にあったりします。
s-DSCN4830.jpg
店を構えるというよりも、路地そのものに土産品が並べられています。
s-DSCN4823.jpg
 
 
Thira(Fira)までの道路沿いなどにもレストランがあったりもします。
s-DSCN4849.jpg
 フェリーが出入りする港にもレストランはあります。
s-DSCN4633.jpg
 
 
サントリーニ島の楽しみ方、タクシーの車窓から眺めてみました。

nice!(222)  コメント(17) 
共通テーマ:旅行

エーゲ海のサントリーニ島を楽しむ観光客 [ギリシア紀行(サントリーニ島)]

エーゲ海サントリーニは火山岩で出来た島です。火山岩の上に街はあります。 
 s-DSCN4672.jpg
街は、多くの観光客で賑わっています。
s-DSCN4753.jpg
青い屋根の教会です。
s-DSCN4759.jpg
良く絵画や写真の題材になる景色です。
s-DSCN4763.jpg
 火山岩の絶壁に建物が建ち、そこに、プールもあります。
s-DSCN4739.jpg
 プールの色も限りなくブルーです。
s-DSCN4745.jpg
 甲羅干しで時間を過ごします。
s-DSCN4881.jpg
草花が一杯のテラスです。
s-DSCN4825.jpg
路地には土産物売り場があります。
s-DSCN4823.jpg
 ホテルの受付です。こんなに綺麗な受付、見たことがありません。
 s-DSCN4783.jpg
 街の中に細い道が走っています。白亜の道です。
s-DSCN4730-2.jpg
白亜の壁からピンク色の花が咲き誇ります。
s-DSCN4729.jpg
コバルトブルーの海と、白いテラスと、ピンクの花です。
s-DSCN4779-2.jpg
軒先に、人形がおかれていました。
s-DSCN4747.jpg
 
サントリーニ島では、教会の屋根、プールそして海は青色です。
そして路地、階段、壁、傘などは白色です。
両者のコントラストにピンクの花が彩りを添えます。

nice!(204)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

サントリーニ島からエーゲ海を撮影しました [ギリシア紀行(サントリーニ島)]

サントリーニ島は、入り江の中央が火山であり、その外輪山にあたります。
s-DSCN4877.jpg
 
 サントリーニ島は、カルデラ状の火山です。 地図.JPG
 
そこがカルデラであったことを示す岩肌です。サントリーニ島の町は外輪山の上にあります。
s-DSCN4882.jpg
 
 外輪山が高い断崖を形成し、敵の侵略を許さない地形となっています。
s-DSCN4673.jpg
 
コバルトブルーの海、黒い断崖、白亜の建物。その調和が見事です。
s-DSCN4751.jpg
 
白壁の建物、四角い窓、1つの青い屋根がアクセントになります。
s-DSCN4756.jpg
 
穏やかな入り江に、エーゲ海の日差しが差し込みます。
s-DSCN4778.jpg
 
コバルトブルーの海、白壁の建物に、濃いピンク色の花が彩りを添えます。
s-DSCN4779.jpg
 
エーゲ海を眺めるテラスです。
s-DSCN4681.jpg
 
エーゲ海に延びた路地です。
s-DSCN4773.jpg
 
カルデラが造り上げたアートです。
s-DSCN4742.jpg
 
この景色をカメラに収めるために100ユーロを払って、タクシーと運転手をレンタルしました。
 s-DSCN4683.jpg
 
ほりけんに、サントリーニ島の観光に与えられた1時間。ほりけん、500枚の写真を撮りました。
7秒に1枚の写真のペースでした。 

nice!(158)  コメント(29) 
共通テーマ:旅行

エ-ゲ海サントリーニ島の観光に与えられた時間は1時間 [ギリシア紀行(サントリーニ島)]

エーゲ海のサントリーニ島に上陸したほりけんにとって、観光に与えられた時間は1時間。
その観光の1時間を、このタクシー運転手に託しました。
DSCN4743-2.JPG
そのタクシーの運転手、バイクや乗用車を瞬時に追い越していきます。
 s-DSCN4724.jpg
前に4台の乗用車が見えました。
s-DSCN4648.jpg
細い道ですが、その4台の乗用車に迫まるや否や、一気にゴボウ抜きです。
サントリーニの町並みです。これを見るためにタクシーをレンタルしたのです。
s-DSCN4655.jpg
バイクが見えました。交通規則どおり、左から抜くと思いきや、
s-s-DSCN4790.jpg
バイクの蛇行運転を見極め、右から抜き去りました。この間、数秒です。
s-s-DSCN4785.jpg
 この運転手、写真スポットに来ると、指を指し、「タケ!タケ!タケ!」と叫びます。
やがて、そのギリシア語は「Take!」を、「Take pictures」を意味していることが分かりました。
s-DSCN4868.jpg
そして、運転手の指の先にサントリーニ島の大パノラマが広がります。
s-DSCN4685.jpg
時には、運転手の指の先には大きな山が迫り来ます
s-DSCN4943.jpg
街中でも、スピードを落とすことはありません。射程距離に迫る否や、
 s-DSCN4845.jpg
 またしても瞬時に、抜き去りました。
s-DSCN4847.jpg
この運転手、写真スポットごとに、車を止め、小走りにその場所に案内してくれます。
s-DSCN4771.jpg
車を止め、説明をする運転手の指の先には、サントリーニ島の大パノラマが広がります。
s-DSCN4775.jpg
この運転手、サントリーニ島の主だった所を一気に駆け抜けました(地図中のピンクのライン)。
途中、5ケ所で車を止め、我々に写真を撮る時間を与えてくれました。
地図.JPG
いよいよ、断崖の上の町から海岸沿いの港に向かいます。
最後のラリーです。急な下り坂でも、2台の車を射程距離にとらえるや、
s-DSCN4893.jpg
ひとつ間違えば、200m下の海に落ちるところを、一瞬に1台を
s-DSCN4894.jpg
 間髪入れずに、もう一台を抜いてしまいました
s-DSCN4895.jpg
約束の2時45分ジャストにタクシーは港に戻ってきました。
1時間前には人影が疎らであった港には、3時の船に乗るための車や観光客で一杯でした。
s-DSCN4623-2.jpg
その運転手、こちらが差し出したチップを取ることもなく、何事もなかったかのように、
次のお客を乗せ、猛スピードで断崖の上へと消えていきました。 
タクシーの運転手にとっては、ほりけん達は何万分の1のお客でしかなっかたのですが、
ほりけんにとっては、そのタクシーの運転手、「ダイハード」の「ジョン・マクレーン刑事」でした。 

nice!(150)  コメント(21) 
共通テーマ:旅行

エーゲ海のサントリーニ島で船から降ろされてしまいました。 [ギリシア紀行(サントリーニ島)]

アテネを午前7時に出港し、午後1時、サントリーニ島に到着しました。
サントりーニ島の街は、断崖の上にあります。
s-DSCN4609.jpg
アテネからパロネ島、ナクソス島、イオス島に寄港し、サントリーニ島に到着しました。
エーゲ海.JPG
街は、断崖の上にあります。僅かに海岸沿いに港があります。
s-DSCN4616.jpg
途中の3つの島で降りる人もいましたが、大半はサントリーニ島で降ります。
気がつくと、何百人といたお客は全て降り、ほりけんの3名だけが船に残こされました。
s-DSCN4635.jpg
このまま、アテネに戻れるはずです。ところが、船員から「降りろ!」との勧告です。 
と言うことで、ほりけんの3名、船をたたき出されてしまいました。
s-DSCN4643.jpg
わざわざサントリーニ島まで来て、サントリーニ島の町並みを見ずに帰る愚か者は前代未聞なるも、
明日は、アテネから250kmのパトラで打合せ。やむなくフェリーのカウンターを探し、中に入りました。
「アテネに今日中に帰る船はないですか?」とほりけん。
「午後3時の船の席は残っているが、それ以降の船は空席がない」とのつれない応え。
仕事優先のほりけん、午後3時サントリーニ島発、午後11時アテネ着のチケットを買いました。
s-DSCN4629.jpg
すでに午後1時半。ほりけんに残されたサントリーニ島の時間は、僅かに1時間半。
小さな港で時間を潰すのもばかげています。
レンタカー屋に入りました。しかし、車は全て断崖の上の街に出払っているとのこと。
 DSCN4616-2.JPG
そこに1台の車が、街から帰ってきました。運転手(下の写真)は英語が話せません。
その運転手の携帯電話で、彼のボスと交渉。100ユ-ロで1時間、車と運転手をレンタル。
DSCN4743-2.JPG
ジックリと1週間近く滞在してエンジョイするのが一般的な、広いサントリーニ島。
そこを観光するために、ほりけんに与えられた時間は、僅かに1時間。
ほりけんの「go!」の掛け声。状況を読み取った運転手、急発進、猛スピードで運転を始めました。
そして、アッと言う間に1台のバイクに追いつき、アッと言う間にそのバイクを追い越しました。
s-DSCN4787.jpg
その直後には、1台の乗用車と2台のバイクに迫り、瞬時にして同時にその3台を追い越しました。
s-DSCN4866.jpg
曲がりくねった細い道で、ハンドルを握るや一瞬にして4台の車を抜き去るのを待たずして、
運転テクニックにおいて、この運転手が只者でないことを、ほりけんの3名は認識していました。 

nice!(161)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行
ギリシア紀行(サントリーニ島) ブログトップ