So-net無料ブログ作成
ギリシア紀行(エーゲ海) ブログトップ

エーゲ海のイオス島に寄港しました [ギリシア紀行(エーゲ海)]

午前11時、イオス島に到着しました。
 s-DSCN4579-2.JPG
 
 午前7時、アテネを出港、パロネ島、ナクソク島に寄港し、イオス島に到着しました。
エーゲ海.JPG
 
寄港したのは、イソス島のOrmosです。
地図.jpg
 
Ormosの入江です。草木の育たない急斜面に沿って、白壁の家々が立ち並びます。
s-DSCN4553-2.JPG
 
山の頂上まで、白壁の家々が立ち並びます。
s-DSCN4551-2.JPG
 
こんなに急な岩肌の斜面にも家々です。
s-DSCN4588-2.JPG
 
断崖の上に教会です。
s-DSCN4598-2.JPG
その教会の白壁が海の青さに染まります。
 s-DSCN4538-2.JPG
 
イオス島の港です。 観光客で賑わいます。
s-DSCN4561-2.JPG

 面舵一杯。島を離れます。 赤い岩肌に白壁の家々を背後に見ます。
鋸刃状の山々です。そこに、青い海と青い空。
s-DSCN4583-2.JPG
 
港が遠ざかっていきます。
s-DSCN4585-2.JPG
 
 真っ青な空、真っ青な海、これがエーゲ海です。
s-DSCN4593-2.JPG
 
 
ほりけんの乗る高速船は、いよいよ、最終目的地サントリーニ島を目指します。
日本でその写真を目にすることが多い、あのサントリーニ島です。胸が高鳴ります。 

nice!(160)  コメント(37) 
共通テーマ:旅行

エーゲ海ナクソス島に寄航しました [ギリシア紀行(エーゲ海)]

エーゲ海ナクソス島に寄航しました。
s-DSCN4464-2.JPG
 
アテネを出航した高速船は、エーゲ海のパロネ島からナクソス島に向かいます。
 
ナクソス島は南北30km、東西19kmです。
エーゲ海.JPG
 
ナクソス島、内陸部は山になっています。一番高いゼウス山の標高は1004mとのこと。
 
そのナクソス島にあるホラの町の港です。 
s-DSCN4440-2.JPG
 
草木の育たない山が見えます。
s-DSCN4490-2.JPG
 
ホラの丘に立つ城塞跡です。中世の面影を残します。
s-DSCN4488-2.JPG
 
エメラルドグリーンの海が非常に美しいです。
s-DSCN4511-2.JPG
 
ホラの港から暫らく船を走らせると、
s-DSCN4521-2.JPG
 
丘の上にアポロンの神殿跡があります。その扉が残っています。
s-DSCN4446-2.JPG
 
さらに、高速船は次なる島を目指します。
s-DSCN4507.jpg
 
 
パロネ島、ナクソス島に寄航しました。次に、イオス島に寄航し、サントリーニ島を目指します。
 

nice!(177)  コメント(20) 
共通テーマ:旅行

片道キップを手に、エーゲ海に船出しました [ギリシア紀行(エーゲ海)]

ヨーロッパに来て10日近くが経ち、2回目の日曜日です。エーゲ海を観ることにしました。
 
サントリーニ島を目指します。勿論、日帰りのサントリーニ島への遊覧などありません。
船会社にかけあいましたが、高速船で片道5時間のところを日帰りなど不可能とのこと。
 
帰りのことなど考えず、まさに片道チケットを買いました。早朝7時、船はアテネを出港しました。
 
暗闇のエーゲ海に太陽が昇ってきました。
s-DSCN4351-2.JPG
 
アテネを出た高速船は、ナクソス島、パロス島、イオス島を経由してサントリーニ島に向かいます。
 エーゲ海.JPG
 
朝日がエーゲ海を赤く染めます。
s-DSCN4352-2.JPG
 
高速船1等席の中です。 朝日が船内を照らします。
s-DSCN4354-2.JPG
 
日が徐々に高くなってきました。デッキに長い影を落とします。
s-DSCN4367-2.JPG
 
船を飛ばすこと3時間、最初の島に立ち寄りました。たぶん、パロネ島です。
s-DSCN4384-2.JPG
 
白亜の家々です。 これぞエーゲ海と言ったところでしょうか。
s-DSCN4390-2.JPG
 
さらに船を飛ばします。
s-DSCN4391.jpg
 
同じくパロネ島の海岸沿いの町並みです。青い屋根の教会も見えます。
s-DSCN4395-2.JPG
 
山の裾野に家々が立ち並びます。
s-DSCN4402-2.JPG
 
エーゲ海のサントリーニ島への片道キップを手にしたほりけん、
明日、アテネから250km離れたパトラでの会議に間に合うか?
これから起こるドタバタ劇を、この時のほりけん、知る由はありませんでした。

nice!(182)  コメント(22) 
共通テーマ:旅行
ギリシア紀行(エーゲ海) ブログトップ