So-net無料ブログ作成
仏国紀行(パリ) ブログトップ

エッフェル塔の幾つもの顔 [仏国紀行(パリ)]

シャン・ドマルス公園をエッフェル塔に向かって、さらにシャイヨー宮まで歩いてみました。 
航空写真.JPG
シャン・ドマルス公園です。遠くにエッフェル塔を仰ぎます。
s-DSC02560-3.JPG
奥の方にシャイヨー宮が見えます。
 s-DSC02562-2.jpg
 エッフェル塔の直近まで歩いて来ました。やはり迫力があります。
s-DSC02577.jpg
 セーヌ川を渡って、振り返ってエッフェル塔を見てみました。
s-DSC02583-2.JPG
シャイヨー宮からエッフェル塔を見ました。太陽の光がエッフェル塔に差し込みます。
s-DSC02582-2.JPG
 
少し遠くから、セーヌ川越しにエッフェル塔を眺めてみました。
s-DSC02597-3.JPG
エッフェル塔の美しさが際立ちます。
s-DSC02598-2.JPG
 
エッフェル塔、力強さと美しさを兼ね備えていました。

nice!(422)  コメント(34) 

パリ、凱旋門からシャンゼリゼ通りを歩いてみました [仏国紀行(パリ)]

パリの凱旋門、そこを中心に、12本の通りが放射状に延びています。
その1つであるシャンゼリゼ通りを歩いてみました。
航空写真.JPG
パリで凱旋門と言えば、エトワール凱旋門です。
s-DSC02542-2.JPG
高さ50メートル、幅は45メートル、想像していたよりも大きな凱旋門です。
s-DSC02549-2.JPG
1836年に完成したパリ、否、フランスの象徴です。
s-DSC02540-2.JPG
もう1つのフランスの象徴エッフェル塔が「自分こそフランス1番の象徴」と言っているようです。
s-DSC02541-2.JPG
 
シャンゼリゼ通りです。延々と伸びています。
ほりけんの自慢は名古屋の久屋大通(通称100m道路)ですが、問題外のようです。
s-DSC02533-2.JPG
久屋大踊には、こうした雰囲気はありません。
s-DSC02531-2.JPG
高級な百貨店も連なっています。
s-DSC02530-2.JPG
シャンゼリゼ通りの終点に2つの大きな噴水がありました。
s-DSC02528-2.JPG
 
シャンゼリゼ通りから少し路地に入ってみました。
こんなにお洒落な建物が幾つも見受けられました。
s-DSC02592-2.JPG
 
パリの象徴である 凱旋門 と シャンゼリゼ通り とエッフェル塔。
名古屋の象徴である 名古屋城 と 久屋大通 と テレビ塔。
ほりけんにとっては引き分けなんですが、世界から見るとパリに軍配ですかね。
 

nice!(368)  コメント(20) 

パリ、ホテルからルーブル美術館を経由してセーヌ川に出ました [仏国紀行(パリ)]

フランスのパリの中心街です。 ホテルからルーブル美術館を経由しれセーヌ川に出ました。
航空写真.JPG
 
ホテルです。Holiday Inn に宿泊しました。
s-DSC02553-2.JPG
 外観は歴史的重みがあります。
s-DSC02551-2.JPG
 
ルーブル美術館はセーヌ川の河畔にあります。 
ルーブル航空写真.JPG
セーヌ川沿いに建つルーブル美術館です。長い建物が続きます。
s-DSC02517-2.JPG
s-DSC02518-2.JPG
ルーブル美術館の中庭に入ってみました。
s-DSC02526-2.JPG
 ルーブル美術館の中心的な建物です。
s-DSC02509-2.JPG
 
セーヌ川に出ました。
航空写真.JPG
遊覧船が多く停泊しています。
s-DSC02594.jpg
アール橋が見えてきました。
s-DSC02520.jpg
アール橋の下を遊覧船が走ります。
s-DSC02519.jpg
アール橋に多くの観光客がいます。
s-DSC02512.jpg
アール橋からヌフ橋を眺めてみました。
s-DSC02514.jpg
s-DSC02513.jpg
 
 パリをロンドンに照らして歩いています。それぞれに歴史を感じます。

nice!(331)  コメント(12) 
仏国紀行(パリ) ブログトップ