So-net無料ブログ作成
検索選択
伊国紀行(トリノ・ピサ) ブログトップ

イタリア紀行 ピサのドゥオモの大聖堂と斜塔 [伊国紀行(トリノ・ピサ)]

ブログで世界紀行のアルバムを作っています。
昨年のイタリア紀行の記事、途中でストップさせてしまいました。
ミラノ、ベネチア、トリノの紹介まで終わりました。ピサからスタートさせます。
欧州紀行.JPG
 トリノから鉄道に乗り、ピサ駅に着きました。1人旅です。スーツケースは駅に預けました。
ピサ駅から「ピサの斜塔」があるドゥオモまでバスに乗りました。
航空写真②.JPG
ドゥオモ広場です。手前にサンジョバンニ洗礼堂、その奥に大聖堂(大教会)
そして遠くに「ピサの斜塔」が見えます。
s-DSC00112.jpg
 ドゥオモ広場には世界各国から沢山の観光客です。
s-DSC00111.jpg
ドゥオモ広場の沿って土産物売り場が並んでいます。
s-DSC00103.jpg

さらに歩きます。大聖堂と斜塔が近づいてきました。
s-DSC00114.jpg
斜塔が近づいてきました。
s-DSC00118.jpg
やっぱり、結構傾いています。
 s-DSC00120.jpg
斜塔の足元です。
s-s-DSC00122.jpg
s-s-DSC00123.jpg
さらに進んで斜塔を反対側から眺めてました。
s-DSC00143.jpg
大聖堂(手前)とサンジョバンニ洗礼堂(奥)を裏側から眺めてみました。
s-DSC00148.jpg
米国へ出向く機会は多いのですが、歴史に浸るにはヨーロッパが良いですね。
 
 
 

nice!(201)  コメント(18) 
共通テーマ:旅行

イタリア王国の首都トリノでサヴォイア家の王宮を歩く [伊国紀行(トリノ・ピサ)]

 燃料電池の学会も終わり、トリノの街を歩くことにしました。
サン・カルロ広場です
この広場の中心に、初代統一イタリアの国王、エメヌエーレ・フィリベルの騎馬像があります。 ・
DSC00204.jpg
  トリノは、
     1536年から1562年にかけてフランスに占領された後、サヴォイア家に帰属しました。
     1720年より1861年までサレデーニャ王国の首都として栄えました。
     イタリア統一後は1861年より1865年までイタリア王国の首都として繁栄しました。
     現在は、ミラノに次ぐイタリア第2の工業都市です。
     また、イタリアサッカーリーグのセリエAユヴェントスの本拠地です。
航空写真.JPG
サヴォイア家の王宮です。1660年に建設され1865年まで王宮になっていました。
現在では、世界遺産に指定されています。 右端にマダーマ宮殿が僅かに見えます。
DSC00207.jpg
 
 マダーマ宮殿です。この建物は、2つの建物が寄せ合わさっています。奥の建物は宮殿風ですが、手前の建物は、中世のお城風です。確かに、手前の建物は、ローマ時代にはデクマナ門が立っていた場所であり、中世の時代には要塞としても使われていました。 
DSC00210.jpg
マダーマ宮殿を城門側から写真にしました。要塞風です。
DSC00209.jpg
トリノには、イタリア統一王国の遺産が色濃く残っています。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イタリアのトリノのポー川辺で燃料電池の学会に出席 [伊国紀行(トリノ・ピサ)]

ヨーロッパの燃料電池の学会は、ロンドンと欧州主要都市とで毎年交互に開催されます。
・ 
この年は、欧州主要都市としてイタリアのトリノが選ばれました。
DSC00271.jpg
学会は、45年前くらい前でしょうか?学生時代に地理で習ったポー川の近くにありました。
トリノ学会会場.JPG
学会の会場の玄関です。玄関には、ヨーロッパ風の庭がありました。
DSC00270.jpg
会場の建物です。学会はこの建物の地下にある会議場を使って行われました。
DSC00269.jpg
燃料電池の学会のコーヒ-ブレイクです。
20年前、ほりけんがアメリカの企業に駐在していた時以来の旧友も来ていました。
DSC00165.jpg
会議の開催中に日本から持参したカメラが動かなくなってしまいました。
慌ててデパートに駆け込み、カメラを購入しました。説明書を読むのが大変でした。
イタリア出張、これからは、イタリアで購入したソニーのカメラで撮影します。 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベネチアのサンタ・ルチア駅から鉄道でトリノのポルタ・メオーヴァ駅へ [伊国紀行(トリノ・ピサ)]

鉄道を使ってベネチアからトリノに到着しました。ホテルは駅の隣にとってありました。
Best Western Hotel Genova です
ホテル.jpg
明日の学会の会場をホテルの人に確認してもらいました。ホテルから歩いて行けそうです。
昔、地理で習ったポー川の近くです。
航空写真.JPG
日本から海外旅行用の日本食を持ってきていたのですが、
持参のポットの電源が容量制限にひっかるようで使えません。
駅前に広場がありました。カルロ・フェリーチェ広場です。
その周辺でレストランを探すことにしました
トリノ駅.JPG
駅前の建物の1階全てがショッピング街になっています。歩いてみることにしました。
DSC00201.jpg
色々あります。簡単なイタリア風のものを食べることにしました。
DSC00202.jpg
明朝から、燃料電池の学会に出席します。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
伊国紀行(トリノ・ピサ) ブログトップ