So-net無料ブログ作成
検索選択
英国紀行(チェスター) ブログトップ

イギリス紀行 チェスターに南を流れるグローブス川と遊覧船 [英国紀行(チェスター)]

チェスター市街の南をグローブス川が流れます。遊覧船も出ています。 
CIMG0009.jpg
グローブス川に沿ってローマ帝国時代の城郭が続きます。
IMG_0110.jpg
グローブス川の流れです。小さな川です。
IMG_0111.jpg
グローブス川の対岸に教会が見えます。
IMG_0114.jpg
グローブス川に西日があたる時間になってきました。
CIMG0007.jpg
ドイツからイギリスへと長かった海外出張でしたが、明朝、帰国の途に着きます。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス紀行 チェスターに残るローマ帝国時代の競技場や建物 [英国紀行(チェスター)]

チェスターには、ローマ時代の円形競技場跡(下の写真の右)があります。
このように、城郭以外にも多くのローマ時代の面影を残しています。
IMG_0094.jpg
円形競技場跡は、城郭を、時計台からグローブス川へ丁度半分位歩いたところにあります。
チェスターの城郭.JPG
円形競技場跡近くの城郭下には、ローマ時代の建物があったであろう跡が残されています。IMG_0097.jpg
ローマ時代の建物の柱の一部も残されていました(右の写真)。
IMG_0096.jpgIMG_0098.jpg
城郭を下から見上げてみました。相当な高さです。
確かに、ローマ人がこの地を支配していたと言うものが伝わってきます。 
IMG_0100.jpg
遺跡だけではなく、チェスターにはローマ時代を偲ぶ多くの催しがあるようです。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス紀行 ローマ時代の城郭都市チェスターのシンボル時計台 [英国紀行(チェスター)]

ローマ時代、チェスターは城郭都市でした。城郭としてイギリスで最もよく保存されていると言われています。
下の航空写真で赤い線がチェスターの旧市街を囲む城郭です。全長は3.2Kmです。
街中を東西に走る道路と城郭とが交わる所(写真中の印)に時計台があります。
チェスターの城郭.JPG
城郭とチェスターの旧市街のメインロードとが交わっています。そこに時計台があります。
1897年に設置されたとのことです。燦然と輝いていました。チェスターのシンボルです。
IMG_0074.jpg
時計台から眺めたチェスターの古い街並みです。
CIMG0006.jpg
城郭で1人の画家が絵を描いて売っていました。描きかけの絵がありました。
未完成でした。 ほりけんその絵が大変気に入りました。
安く譲ってもらいました。その絵は今ほりけんの部屋に飾ってあります。
SANY0005.JPG
これから城郭の上を歩いてみることにします。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス紀行 チェスターの古い街並みとローマ時代の城壁 [英国紀行(チェスター)]

早朝、ドイツのミュンヘン空港を飛び立ち、イギリスのマンチェスター空港に到着しました。 マンチェスターから、今回の仕事の目的地であるチェスターまで、車で高速をとばして1時間弱で着きました。
チェスターは、周囲をローマ時代の城郭で囲まれています。その城郭の中に残る古い町並みです。
CIMG0002.jpg
 チェスター(Chester)は、イギリス、イングランド北西部のチェシャー州の中心都市です。ディー川沿いに、ウェールズとの境に位置します。イギリス国内では最良の状態で現存する城郭都市のひとつです。人口は約8万人です。都市としての始まりは、西暦79年頃、当時ブリテン島を支配していたローマ人がウェールズとの戦争に備えて基地を建設し、定住したことにあります。
無題.JPG

 イギリスを代表するような古い街並みです。

CIMG0001 (2).jpg

少し新しい建物も街並みの景観を壊すものではありません。

IMG_0085.jpg

至る所、かつての面影を残した街並みになっています。

IMG_0069.jpg

 

今回の欧州出張は、今のほりけんの年齢には結構こたえる1人旅です。10日間で、

中部国際空港→ フランクフルト → ビュルツブルグ(1泊) → アウグスブルグ → フュッセン(2泊) → ノイシュヴァンシュタイン城 → ミュンヘン(3泊) → (マンチェスター) → チェスター(2泊) → (マンチェスター) → フランクフルト → 中部国際空港

を駆け抜けたことになります。 

ドイツからイギリス.JPG


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
英国紀行(チェスター) ブログトップ