So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカ紀行 テキサス州サンアントニオの街中を流れる「川の散歩路」の遊覧船 [米国紀行(サンアントニオ)]

米国テキサス州サンアントニオの街に中央には水路のような川が流れています。 
River_002.jpg
サンアントニオの街の中を流れる細い川沿いに散歩路があります。
サンアントニオ地図.JPG
サンアトニオの街を流れる川を観光客を乗せた多くの船が行き交います。
s-DSC03180.jpg
 川の散歩路沿いには多くのレストランや土産物売り場などが並んでいます。
River_012.JPG
散歩路沿いのレストランでは食事やお茶が楽しめます。
River_016.jpg
観光客が、川沿いで、ゆったりとした時間を過ごします。
River_026.jpg
メキシカン音楽を奏でる船も回ってきます。
River_034.jpg
川沿いにはステージも準備されています。
River_024.jpg
燃料電池のセミナーの会場の前の道路の下を遊覧船が行き交います。
s-IMGP0381.jpg
ほりけん、3回目のサンアントニオになります。
学生にとっては、人生最初にして最後のサンアントニオにあるかも知れません。
時間を有意義に過ごして欲しいと願っています。
 

nice!(203)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

アメリカ紀行 フロリダ州キーウエストの焼肉レストラン紅花Benihanaで食事をとる [米国紀行(キーウエスト)]

Key Westは小さな島です。観光も半日で終わってしまいます。観光の後、レストランを探すことにしました。

Key Westには、飛行場の近くに、鉄板焼きの「紅花Benihana」があります。s-Benihana-11.jpg

その飛行場の近くの鉄板焼きの「紅花Benihana」に出かけることにしました。

キー地図.JPG

 鉄板焼きの「紅花Benihana」は、フロリダ州だけでも9店舗(Coral Gables,Coral Springs,Key West,Fort Lauderdale,Miami, Miami Beach,Miramar, Orlando, Stuart)を構えています。 米国に渡って、大成功をおさめた日本食店の1つです。

客の前で焼き肉や野菜焼きをパフォーマンスを加えながら行います。
0Benihana-13.jpg
肉を投げ上げたり、投げ上げた肉を、ホークに刺して受けてみたり、お客から歓声があがります。
アメリカ人が、肉を食べに来ているのか?パホーマンスを見に来ているのか?わかりません。
Benihana-19.jpgBenihana.jpg
還暦近く、「食事中は行儀よく、静かに食べなさい」と親に教わった頭の硬いほりけんには、
こうした紅花の食事か?芸か?分からないレストランは、行儀が悪く写ってしまいます。
しかし、見入っていると、肉を切ったり、野菜をさばいたりが、正に芸術だという風に見えてきました。
日本では、料理の美しさで食をそそるのに対し、アメリカでは、話し楽しむことで食をそそるのだと言う、
日米の食に対する文化の違いが見えてきました。いずれもが、食の原点に迫っているものだと思いました。
Benihana-12.JPG

 

お客のが喜んで紅花を出る姿を見たときに、何故、benihanaがアメリカンドリームをなしえたのかが、分かったような気がしました

日本で「紅花」のホームページ:http://www.benihana.jp/

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ紀行 テキサス州サンアントニオで開催の燃料電池セミナーのランチ・メニュー [米国紀行(サンアントニオ)]

毎年秋のシーズン、アメリカの南部の都市で燃料電池のセミナーが開催されます。ほりけん、学部生や大学院生や研究員を連れてセミナーに出席することが多くあります。テキサス州のサンアントニオには、これまで3回出かけています。

燃料電池セミナーの会場の受付けに着きました。

受付けは非常に広いのですが、我々が到着した時には既に空いていました。 s-CIMG0011.jpg

この年は、ほりけんを入れて9名のメンバーで出かけました。休憩時間に会場で写真撮影です。s-IMG_0491.jpg

さあ、昼ごはんです。主催者が準備しているランチは大きなサンドイッチとポテトです。

「先生!まずそうですね。」 「味の評価は、食べてからしなさい。」s-IMGP0574.jpg

「先生!やっぱりまずいです。」「確かに、まずいな。」s-CIMG0065.jpg

午後3時、コーヒーブレイクです。そのためのテーブルと椅子です。s-IMGP0455.jpg

「先生!英語、十分に聞き取れません。」「最初は、そんなもんだよ。」s-IMGP0498.jpg

今日のセミナーは終わりました。これから、ホテルに戻って、荷物を置いて、夕食に出かけます。

「先生、疲れました。」「時差ぼけだよ。これから、皆で、晩御飯に行くか?」「賛成です。」s-CIMG0030.jpg

若い学生とセミナーに出かけること、ほりけんの喜びです。



nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ紀行 テキサス州サンアントニオ「アラモの戦い」によってテキサスはメキシコから独立  [米国紀行(サンアントニオ)]

 元々スペイン領だったテキサスの広大な土地は1821年に独立したメキシコの領土になっていました。しかしメキシコの中心からあまりに遠い辺境のテキサスにはアメリカの開択民達がどんどん移住してきて1836年にメキシコから独立するための反乱を起こしました。

 この反乱を聞いたメキシコで独裁政権を樹立したばかりのサンタ・アナが自ら数千の軍隊を率いアメリカ人反乱軍の一部187名が立てこもったアラモの砦に殺到しました。守っていたトラビス大佐などは大軍の攻撃を受けて激闘13日、ついに全滅してアラモの砦はメキシコ軍に占領されました。
 
アメリカの地図.JPG


 この歴史上名高い「アラモ戦い」で、すぐに「アラモを忘れるな(Remember the Alamo!)」という叫びが上がり奮い立った反乱軍は、メキシコ軍を破ってテキサス共和国を独立させました。

 写真の左側が「アラモの砦」です。右側の建物の中で、20分間「アラモの戦い」の映画が見れます。s-s-Alamo_030.jpg

アラモの砦の正面の建物です。
s-Alamo_010.jpg
平日は9:00~17:30、日曜は10:00~17:30まで入場できます。

s-IMG_0045.jpg

入場する前に、9人揃って、記念撮影です。s-IMG_0051.jpg

今から、入場します。正面玄関に「アラモの戦い」の傷跡が残ります。s-lamo_021.jpg

ここで反乱軍187名が全滅しました。ほりけんと学生、そこを歩いています。壁に傷跡が残ります。
s-IMG_0045.jpg
当時使われた大砲です。こんな小さな砦、大砲には勝てないですね。
s-Alamo_220.jpg
今は、緑が覆い茂りますが、戦いは不毛のアラモ繰り広がられました。
s-Alamo_224.jpg
アメリカ人は、この「アラモの戦い」にアメリカ人としての血が騒ぐのでしょうね。
ほりけん、第二次世界大戦の時、硫黄島において、栗林忠道中将率いる22,000名の日本軍が1000名の生存者だけを残して1ケ月持ちこたえた「硫黄島の戦い」と重なってしまいました。


nice!(18)  コメント(84)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ紀行 フロリダ州キーウェストの合衆国最南端ポストとヘミングウェイの住居 [米国紀行(キーウエスト)]

その日は、マラソンMarathonからレンタカーをとばして、キーウエストKey Westに入りました。
そこに、合衆国の最南端を示すポールが立っています。この百数十km南にキューバがあります。 
KeyWest-21.jpg

合衆国最南端ポールは、ここキーウエストKey Westの、勿論、最南端にあります。
その歩いて数分のところに、ヘミングウェイ(1899年7月-1961年7月)がかつて生活をしていた家があります。
キー地図.JPG
アーネスト・ヘミングウェイのかつての住まいは、今、博物館にもなっています(左の写真)。
かつて、ヘミングウェイは、キューバのカストロとも親交がありました(右の写真)。
KeyWest015.jpgkasutoro.jpg
 ヘミングウェイはシカゴに生まれました。
1954年には、「老人と海」でノーベル文学賞を受賞しました。
二度の航空機事故から、二度とも奇跡的に生還しています。
そのヘミングウェイのかつての住みかです。
DSC_0054.jpg
ヘミングウェイ博物館の周辺のキーウエストは、開放的なリゾート地です。
KeyWest-14.jpg
トロリー汽車が走っていました。ほりけんも乗ってみました。
keyWest-12.jpg
朝が早かったこともあり、お腹が空いてきました。レストランを探すことにしました。


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ紀行 フロリダ州キーウエストKey Westへセブン・マイル・ブリッジSeven Miles Bridgeを走る [米国紀行(キーウエスト)]

その日は、早朝に起きました。ホテルのプールサイドで朝食を済ませました。
朝食後、マラソンMarathonの町を出発し、キーウエストKey Westに向かいました。
途中、メキシコ湾にかかるSeven Miles Bridgeを走ります。
レンタルのフルサイズのクラッシックカーが耐え切れるかどうかも心配です。 
SevenMiles.JPG
マラソンを出発後、ナイツ・キーを過ぎるとセブン・マイル・ブリッジを見えてくるはずです。
多くの方が、夢にまで見る光景です。何度となく映画の舞台にもなりました。
新セブン・マイル・ブリッジと旧セブン・マイル・ブリッジがあります。
Knight's Key.JPG
新セブン・マイル・ブリッジ(左側の道路)と旧セブン・マイル・ブリッジ(右側の道路)があります。Marathon0035.jpg
新セブン・マイル・ブリッジから眺めた旧セブン・マイル・ブリッジです。
SevenMile.jpg
アメリカ合衆国の最南端まで後僅かのドライブです。その目と鼻の先がキューバです。
レンタカー キーウエスト マラソン Seven Miles Bridge Marathon Key West 合衆国 アメリカ フロリダ州 米国 大同大学 ほりけん 堀


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ紀行 フロリダ州マイアミからキーラゴKey Largoを経由してマラソンMarathonへ。 [米国紀行(キーウエスト)]

 Marathonは、Florida半島の南端からKey Westまでの間に位置する小さな島にある小さな町です。その時は、ほりけん、そのMarathonの町で一泊しました。(下の写真は、Marathon市のガイドより借用)

Marathon-002.jpg

 ほりけん、米国やカナダやオーストラリアでは、飛行機を乗り継ぎ、レンタカーを飛ばしたりして、また、欧州では鉄道を乗り継いだりして、1人で海外を放浪することが好きです。 その時は、マイアミの飛行場でレンターカーを借り、マイアミ(Miami)キーウエスト(Key West)オーランド(Orlando)のディズニーワールドDisney Worldにドライブしました。レンタカーは、アメリカならではの大型のクラッシカーにしました。キーウエストからはキューバが目と鼻の先です。

フロリダ地図.JPG
マイアミからキーウエストへは、マイアミ(Miami)→キーラゴ(Key largo) →マラソン(Marathon)→セブン・マイル・ブリッジ(Seven miles bridge)→キーウエスト(Key West)を通ります。
キ-ウエスト.JPG
マイアミを抜けるまでは迷いましたが、キーウエストへは周りが海のみの1本道です。
今夜、宿泊する予定のMarathonの町がある島が見えてきました。

Marathon0045.jpg

Marathonの海岸です。海はエメラルドグリーンです。砂は細かく真っ白です。Marathon-8.jpg

Marathonは小さな島にある小さな街です。ホテルは全て海岸沿いにあります。Marathon-011.jpg

 日本などのように、周りに山があったりすると、日没後も薄明るかったりします。ところが、ここmarathonのように大海の中に浮かぶ小島では、日没の瞬間に、一面が暗闇に包まれてしまいます。その分、夕焼けも一段と綺麗です。

Marathon-6.jpg

明日も、レンタルのクラッシクカーを飛ばして、Seven miles bridgeからKey Westに向かいます。



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ紀行 フロリダ州マイアミのビスケーン湾に建つ富豪の別荘群 [米国紀行(マイアミ)]

これが、マイアミにある富豪の別荘地です。s-CIMG1086.jpg

 
これが、マイアミのビスケーン湾にある米国の富豪の別荘がある島です。
こうした島が、島々の中央を走る道路によって串団子のように連なっています。 
マイアミ別荘.JPG
マイアミ別荘②.JPG
白亜の別荘です。その白さに気品が漂います。
CIMG1073.jpg
何本もの太いヤシの木によって囲まれています。南洋の王様の御殿と言った感じです。
CIMG1074.jpg
白壁と赤い屋根のコントラストが見事です。
CIMG1076.jpg
白い建物が太陽の光を一杯に受けていました。
CIMG1078.jpg
1階フロアが吹き抜けになっています。贅沢なつくりです。
CIMG1081.jpg
この船着き場にどんな船が停泊するのでしょうか?
CIMG1079.jpg


 

nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ紀行 フロリダ州マイアミのビスケーン湾を船で遊覧。豪華客船やコンドミニアム [米国紀行(マイアミ)]

マイアミのビスケーン湾を遊覧船で探索です。マイアミのダウンタウンが小さくなっていきます。
s-CIMG1053.jpg
下の写真の黄色い矢印に沿ってビスケーン湾を遊覧します。
途中、有名人の別荘や豪華客船が見物できるとのことです。楽しみです。湾の航空写真.JPG
豪華客船が見えてきました。5隻も停泊しています。ビックリです。
s-CIMG1097.jpg
その後、見えてきたのはコンドミニアムやホテルばかりです。
素晴らしいところですが、これじゃハワイと変わりません。
s-CIMG1066.jpg
別荘らしきものが見えてきました。ほりけん、これが世界の富豪の別荘と早合点。
ところが、船のガイドからはコンドミニアムとの説明です。
CIMG1058.JPG
「アメリカの富豪も大したことないな!」と思っていたほりけんの眼前に現れてきたものがありました。
洋上に浮かぶ幾つもの島の上に建つ別荘群です。CIMG1084.jpg
洋上に、マイアミの別荘の絵巻が、これでもか!これでもか!と展開されていきます。

nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ紀行 フロリダ州マイアミのベイサイド・マーケット・プレイスのショッピング・センターとヨット [米国紀行(マイアミ)]

マイアミにおいて、多くの観光客が集まるところがあります。
ベイサイド・マーケット・プレイスです。ショッピングが楽しめます。
s-CIMG1034.jpg
ベイサイド・マーケット・プレイスの航空写真です。ヨットが沢山停泊しています。
ベイサイド.JPG
晩秋から冬にかけても、フロリダでは夏の服装です。
ある晩秋に初めてフロリダを訪問したとき、秋物の服を持ってきました。
周りは、半袖と半ズボンでした。恥ずかしい思いをしたことを思い出しました。
s-CIMG1038.jpgs-CIMG1036.jpg
多くの観光客がショッピングや食事を楽しんでいました。
s-CIMG1037.jpgs-CIMG1039.jpg
ベイサイド・マーケット・プレイスのヨット・ハーバーから眺めたマイアミの町です。
s-CIMG1040.jpgs-CIMG1042.jpg
これから、この遊覧船に乗って、マイアミのリドート地を見学に出かけます。
s-CIMG1043.jpg
 マイアミ市は、重要な商工業都市・港湾都市であります。また、キューバに近く、南郊のホームステッド市に大規模な空軍基地を抱えた軍事都市でもあります。一方で、マイアミビーチは世界的に有名な観光・保養地でり、勿論、ほりけんにとっても観光都市です。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ紀行 フロリダ州マイアミのベスト・ウエスタン・ホテル近くのビーチを歩く [米国紀行(マイアミ)]

 毎年、晩秋の米国南部で燃料電池の学会が開催されます。
マイアミやオーランドがあるフロリダ州でも何度となく開催されました。
 ・
ビスケーン湾からマイアミのリゾート地を眺めました。
s-CIMG1067.jpg
大西洋とビスケーン湾に挟まれるように、マイアミのリゾート地があります。
著名人がもつ高級別荘は、ビスケーン湾内の島にあります。
ビスケーン湾内には、豪華客船が何隻も停泊しています。遊覧船で見学が出来ます。
航空写真.JPG
ほりけんと研究員は、マイアミビーチに面したベスト・ウエスタン・ホテルに宿泊しました。 
ベスト・ウエスタン・ホテルのマイアミビーチに面した庭(左)とロビー(右)です。
s-CIMG1023.jpgs-CIMG1022.jpg
ホテルの外に広がるマイアミビーチです。
CIMG1021.jpg
ビスケーン湾に面して多くのコンドミニアムが建っています。
こうした贅沢な生活、ほりけんの一生には、縁はありませんでした。
s-CIMG1062.jpgs-CIMG1064.jpg
  ほりけんの旧友である米国人がフロリダでリタイヤー生活を送っています。米国では中流階級です。それでも、自家用の飛行機で、元々の住まいがあるニューヨーク郊外とを行ったり来たりしています。大きなクルザーを持っている友人も、湖まである別荘地を持っている友人もいます。彼らは、週末をエンジョイしています。米国人のこうした生活が、ほりけんの30年来のあこがれで、ついに、あこがれで人生を終わってしまいそうです。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス紀行 チェスターに南を流れるグローブス川と遊覧船 [英国紀行(チェスター)]

チェスター市街の南をグローブス川が流れます。遊覧船も出ています。 
CIMG0009.jpg
グローブス川に沿ってローマ帝国時代の城郭が続きます。
IMG_0110.jpg
グローブス川の流れです。小さな川です。
IMG_0111.jpg
グローブス川の対岸に教会が見えます。
IMG_0114.jpg
グローブス川に西日があたる時間になってきました。
CIMG0007.jpg
ドイツからイギリスへと長かった海外出張でしたが、明朝、帰国の途に着きます。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行